学術書・専門書 販売

増補 マルクスの疎外論 その適切な理解のために

時潮社 > 学術書・専門書 > 思想・哲学・文学・歴史 > マ行 > 増補 マルクスの疎外論 その適切な理解のために
増補 マルクスの疎外論 その適切な理解のために
数量:

斯界の碩学が「マルクス読みのマルクス知らず」的風潮に突きつける疎外論の本格的展開。もはやこれなくしてマルクスは語れない。思想史の世界にも驚きを巻き起こした名著が増補で登場。

著者
岩淵 慶一 著
出版年月
2012年9月25日
ISBN
978-4-7888-0681-8
販売価格
3200円+税
サイズ
4/6判
製本
上製
頁数
328ページ
備考

著者紹介

岩淵 慶一(いわぶち・けいいち)
 1940年生まれ。1964年 東京大学文学部哲学科卒業。現 在 立正大学名誉教授

主要著訳書
『現代ヘーゲル研究』(共著)啓隆閣・『ルカーチ研究』(共著)啓隆閣・『マルクスの哲学の復権』(編著)時潮社・『初期マルクスの批判哲学』時潮社・『哲学と宗教』(共著)理想社・『どこから どこへ』(共著)時潮社・『社会主義 市場 疎外』(共著)時潮社・『神話と真実』時潮社・『マルクスの21世紀』学樹書院・マルコヴィチ『実践の弁証法』(共訳)合同出版・ペトロヴィチ『マルクスと現代』(共訳)紀伊国屋書店・マルコヴィチ『コンテンポラリィ・マルクス』(共訳)亜紀書房

お問い合わせ

電話でのお問い合わせはこちら 03-5915-9056
お問い合わせ
ページの先頭へ