学術書・専門書 販売

児童養護施設における養育に関する研究―アタッチメント理論を基盤として―

時潮社 > 学術書・専門書 > 医療・介護・福祉 > サ行 > 児童養護施設における養育に関する研究―アタッチメント理論を基盤として―
児童養護施設における養育に関する研究―アタッチメント理論を基盤として―
数量:

児童養護施設での就労経験のある著者が、アタッチメント理論を用いて理論を展開し考察する。
児童の保護期間のみでなく退所後の職員との関係性や、その後の課題に切り込んで社会的養育への研究を提言する!
児童福祉、保育関係者へお勧めの1冊!

著者
高安和世 著
出版年月
2022年7月4日
ISBN
978-4-7888-0758-7
販売価格
4000円+税
サイズ
A4
製本
上製
頁数
210ページ
備考

はじめに
第1章 日本のホスピタリズム論経過と養育展開程
第2章 児童養護施設におけるアタッチメント理論の意義
第3章 児童養護施設退所者の自立と特定職員関係性
第4章 社会的 養育の現況と課題
第5章 研究の総括と社会的養育への提言

著者紹介

髙安 和世 (たかやす・かずよ)
茨城県立保育専門学校卒業。
1972年から3年間 茨城県の児童養護施設に、1977年から31年間東京都の児童養護施設に保育士として勤務。
2013年3月立正大学心理部卒業。
同4月聖徳大学大学院児童学研究科児童学専攻博士前期課程入学、2015年3月修了(修士:児童学 )。
同4月聖徳大学大学院児童研究科児童学専攻博士後期課程入学、 2022年3月修了(博士:児童学)。

お問い合わせ

電話でのお問い合わせはこちら 03-5915-9056
お問い合わせ
ページの先頭へ